2016年卵巣嚢腫と診断。発覚~入院~開腹手術~退院後のブログを公開しています。

富山の「行って良かった!」観光スポットまとめ

富山ガラス美術館

http://toyama-glass-art-museum.jp/

昨年(平成27年)にオープンしたばかりの富山ガラス美術館。
新しすぎて旅行ガイド等にはまだ載っていないことが多い。
しかし行ってみると、富山の新名所になること間違いないのではないと思わされる素晴らしい美術館だ。

DSC03194

DSC03148

建物は隈研吾さんのデザイン。
中に入ると「うわぁぁ」と思わず感嘆の声が漏れる。
新国立競技場のデザイン案を決める時には色々と批判も聞かれたが、この美術館を訪れて新国立競技場の完成がとても楽しみになった。

 

6Fの常設展ではDale Chihuly(デイル チフーリ)氏の巨大な作品群が展示されており、今までに見たことの無いガラスの世界が広がっていた
写真を載せることはできないが、ミュージアムショップで購入したグッズをちらり。

FullSizeRender

富山に再び訪れる機会があれば、かならず再訪したいスポットである。

 

ささら屋福光本店

https://www.hinodeya-seika.com/factory/

DSC03403
富山土産「しろえびせんべい」で有名なささら屋の本店だ。
ここではお土産を買うだけでなく、せんべいの手焼き体験ができる。
しかも焼いたせんべいは、ここ福光本店で手焼き体験をした人限定のタレに付けて食べることができる
焼きたてのせんべいが美味しいのはもちろんのこと、このタレが非常に美味しかった。

DSC03391

また、店内ではささら屋の様々なせんべいの試食が無料のドリンクと共に座ってゆっくり楽しめる。
店員さんも皆親切で、帰りには車が見えなくなるまで手を振って見送ってくれたのが印象的だった。
富山から五箇山方面に行く際に、ドライブ休憩として立ち寄ることがおすすめのスポットだ。

ほたるいかミュージアム

http://hotaruikamuseum.com/museum

3月~5月のホタルイカシーズンに富山を訪れるなら、必ず行きたいスポットである。
シーズン中は本物のホタルイカが発光する様子を実際に見られるショーがあるのだ。
ゴールデンウィークの訪問だったのにも関わらず、ほとんど混んでおらずゆっくり館内をみることができた。

DSC03534
また、見るだけではなくホタルイカに触ることもできる
最初は恐ろしくて触るのが躊躇われたが、一度触るとツルツルやわやわした触り心地がクセになり、何度となくホタルイカを掬い上げては触り心地を楽しんだ。(ホタルイカよごめん…)

DSC03547

ホタルイカを見た後はホタルイカ料理を楽しめる食事処もある。笑
ホタルイカの刺身やしゃぶしゃぶ、ボイル、フライなど様々な調理方法のホタルイカ料理があった。

新湊 内川

こちらの記事をご参照いただきたい。

ろもの卵巣嚢腫体験記
404: ページが見つかりませんでした | ろもの卵巣嚢腫体験記 卵巣嚢腫が発覚するまでの経緯・MRI検査・入院・手術・術後の経過・入院費用や入院生活に持って行ってよかったものなど公開しています。

 

五箇山の合掌民宿 弥次兵衛

”観光スポット”では無いが、五箇山滞在の際はこちらの合掌民宿にまた必ず泊まりたい。

ろもの卵巣嚢腫体験記
404: ページが見つかりませんでした | ろもの卵巣嚢腫体験記 卵巣嚢腫が発覚するまでの経緯・MRI検査・入院・手術・術後の経過・入院費用や入院生活に持って行ってよかったものなど公開しています。

 

 

(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる