開腹手術後の生理について【卵巣嚢腫ブログ】

目次

開腹手術後の生理について【卵巣嚢腫ブログ】

手術してから2回生理がきた

2016年4月末現在、卵巣嚢腫の開腹手術をしてから今日までに2回生理が来た。
1度目は手術をした翌日3月16日に、2度目は4月16日だ。

手術前の生理について

これまで生理不順とはほぼ無縁な人生を送ってきていた。
さすがに手術後には周期が崩れるだろうと思っていた。
しかし≪腹を切り、14cmもの物体が突然卵巣から消える≫というとんでもない変化が起こったにも関わらず、
手術翌日に予定通り生理が来た時には、我が子宮ながらその図太さに感心した。

手術前の生理を振り返ると…

  • 動けないほど痛くなるのは年に1~2日程度で、おおかた鎮痛剤を飲めば普段通り過ごせていた
  • PMSによるイライラがかなり激しい
  • ささいなことが気に障り、2か月に1回くらいのペースで自分でも抑えきれないほどの怒りの感情に襲われていた(ちなみに対象は99%夫…ごめん)
  • 必ず便秘になっていた

生理はそこまで重くない方だと思っていたが、
卵巣嚢腫が無くなれば、憂鬱な生理の症状が少し改善するかなと期待していた。

手術後の生理について

手術した翌日にきた生理は、体の状態がイレギュラーすぎてどれが生理の症状か全くわからないので除外する。
その後の生理と以前の生理と比べてみると…

  • 痛みの強さに関しては術前のほぼ変わらず、鎮痛剤を飲めば普段通りすごせる
  • PMSによるイライラはほとんど変化(改善)は感じられない
  • 便秘は改善されたかも…!

一番大きな変化を感じたのは便秘に関してだ。
生理中は必ず便秘になっていたので、生理の時はそういうものなのだと長年思っていた。
しかし今回、記憶に残っている限りでは初めて、生理中なのに快腸だったのだ。
私の嚢腫はかなり大きく、腸や膀胱を圧迫していたらしいので、それが無くなったことによる変化なのだろうか。
便秘になると肌荒れや体重増加はもちろんだが、何よりもテンションが下がるので改善されてかなり嬉しい。

術後の生理はまだ2回しかきていないので、この変化が一時の体調によるものなのか、ずっと続くものなのかまだ判断はつかない。

手術から5年経過

ここまでが2016年、手術を受けた後に書いた文章だ。
この記事を再投稿している現在は2021年。
手術から5年が経った現在の生理の状況について考えてみる。

  • 動けなくなるほど痛くなるのは半年に1回くらい、生理の重さは月ごとに異なる
  • PMSによる精神的な症状はサプリを飲んでだいぶ改善されている→後日詳しく書く予定
  • 生理中の便秘は解消している

生理の重さやPMSについては手術の影響はあまり無かったのかなーという印象だ。
ただ30歳を過ぎ、昔よりも生理やPMSと上手に付き合えるようになったのかなと思っているので、
このあたりは後日体験談をまとめたい所存。

(ブログランキングに参加しています、励みになりますのでポチッとお願いします)

にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる