3 入院

3 入院

卵巣嚢腫入院10日目 ~あっという間に退院日~

あれよあれよといううちに退院日を迎えた。当初の計画だと26日に退院の予定だったが4日も早まった。まだ”普通に歩く”からは程遠い歩き方だし、ちょっとした動きで痛むので不安もあった。
3 入院

卵巣嚢腫入院9日目 ~退院前日~

とても良く眠った。普段は起きて朝の検温と血圧測定を待つが、この日は測定に来た看護師さんの声で目が覚めた。吐き気などもなくとても快調。昨日までつぼみだった桜が花開いていた。
3 入院

卵巣嚢腫入院8日目 ~常食に戻る~

手術をしてから5日が経ち、傷の痛みはかなり良くなっていた。歩くときに腰は曲がってしまうが、ベッドから降りる動作も苦なくできるようになった。どちらかというと傷の痛みよりも、腰の痛みの方が気になっていた。
3 入院

卵巣嚢腫入院7日目 ~退院予定日が早まる~

昨日までは傷が痛くて寝返りを打つのが一苦労だったが、今日はそこまで苦労することなく寝返りが打てるようになっていた。当初、退院予定は26日と言われていたが、病床の都合(混んでいるらしい)と経過が良いことを理由に予定日が22日に早まった。
3 入院

卵巣嚢腫入院6日目 ~4日ぶりのシャワー~

久しぶりに心穏やかに眠ることができた。睡眠導入剤のせいか起きた時に頭痛が激しかったが、傷の痛みには昨日よりまた良くなっていると起きた瞬間に感じた。今日は久しぶりにシャワーが浴びられる日だ。手術の前日に浴びて以来なので、なんと4日ぶりにもなる。
3 入院

卵巣嚢腫入院5日目 ~つらさの山を越える~

朝起きると昨日より調子が良いと感じた。今日なら歩ける気がする。電動ベッドを起こして看護師さんを待ち、看護師さんが来たら「今なら歩ける気がする」と伝え歩くのに付き合ってもらった。
3 入院

卵巣嚢腫入院4日目 ~術後1日目~

起きる。痛い。熱も38度以上あるらしく、頭がぼーっとする。昨日よりも痛む範囲が若干狭くなったような気がしたが、点滴の痛み止めが切れると燃えるような痛さを感じた。予定では今日から歩行練習をするとなっていたが、歩くなんて不可能だと思った。
3 入院

卵巣嚢腫入院3日目 ~手術後半~

「終わりましたよー」という声が聞こえた。”すごくよく眠った”という一瞬の充実感の後に吐き気と体のダルさと燃えるような痛みを感じた。手術は成功、と説明があった気がするようなしないような…意識は朦朧としていた。
3 入院

卵巣嚢腫入院3日目 ~手術前半~

いよいよ手術当日を迎えた。前日の21時から禁食、当日の朝9時からは完全に飲食禁止となった。手術は12時半スタートの予定で、家族は11時ごろ来院するようにと伝えられていた。特にすることもなく、家族と他愛もない話をしながら時間を待った。
3 入院

卵巣嚢腫入院2日目 ~下剤を飲む~

術後はしばらくシャワーを浴びられなくなるので、念入りに体を洗う。本当は一番遅い時間に入りたかったが、15時頃から下剤投入ということでその前にシャワーを済ます。そして15時過ぎ、看護師さんが下剤を持ってきてくださった…。 考えてみると下剤を飲むのも生まれて初めての経験だ。