スポンサーリンク
2 入院までの1か月間

術前説明

手術を約10日後に控え、術前説明のために病院へ向かった。 予め「ご家族の方と一緒に来てください。」と言われていたので、夫と母と3人で向かった。 病院に向かう道中、先生に質問したいこと、不安に思っていることをきちんと聞けるよう頭の中を整理...
2 入院までの1か月間

苦悩の1か月 その2

数週間悩むとなんだか悩むことに疲れてしまった。 …というわけで3月3日の術前説明まで悩むことをやめた! 今までわりと暗かったこのブログだが、筆者の適当な性格がここで露呈。笑 もうね、プロの医者が分からないって言...
2 入院までの1か月間

苦悩の1か月 その1

前日の診察以降、毎日のように涙を流していた。 事実を伝えるのがつらくて、夫にも両親にもやんわりとしか診察結果を伝えられなかった。 みんな詳細に聞いてくることはせず、私の心情を察してくれたようだった。 手術の日程は3月15日...
1 発覚の経緯

卵巣嚢腫発覚の経緯その4(MRI検査と診察)

近所の国立病院 1月7日の退院時に28日のMRI検査の予約を取った。 よりはっきりと卵巣嚢腫の様子を確認するためにはMRI検査が必要だとのことだった。 なるべく早く手術をした方がいい、と言うのに予約が随分先なのは何故なんだ...
1 発覚の経緯

卵巣嚢腫発覚の経緯その3(8日間の緊急入院)

近所の国立病院 30時間のフライトの後だったせいか、当初の不安も忘れ久しぶりのベッドの上で泥のように眠っていた。 午前5時、点滴の時間。 泣きながら病棟に来た私に気を使ってか、看護師さんが 「ここの病棟からは...
1 発覚の経緯

卵巣嚢腫発覚の経緯その2(空港から病院へ直行)

成田空港~近所の国立病院 空港のスタッフや客室乗務員の方々のおかげでなんとか30時間のフライトを乗り切り、日本に帰国することができた。 ガラパゴス-キト-ヒューストン-成田という過酷な行程だった。 しかし幸運な...
1 発覚の経緯

卵巣嚢腫発覚の経緯その1(エクアドルにてエコー検査)

南米エクアドル キト   日本から遠いエクアドルの救急病院で私はエコーを撮られていた。 楽しかった新婚旅行も残り30時間のフライトを残し"あとは帰るだけ"という状況だった。 それにも関わらず前日から発熱と腹痛があ...
スポンサーリンク