大腸憩室炎の話

アドセンス

私の卵巣嚢腫が発覚したのはエクアドルで発熱と腹痛を発症したからだ。
しかし、結局のところ卵巣嚢腫と発熱・腹痛は全く関係無かった
大腸の憩室炎を発症し、それに伴う検査を行った際にたまたま卵巣嚢腫が見つかったからだ。
大腸の憩室炎についてこれまでほとんど触れてこなかったので、今日はその話をしたい。

大腸の憩室炎とは

詳しくはこちらをご参照いただきたい。
簡単に言うと、大腸には憩室と呼ばれる突起部分がある。
(10人に1人の割合であるそうだ。)
憩室があること自体は特に問題は無いそうだ。
しかし、何らかの理由でこの憩室に細菌が溜まると、炎症を起こし腹痛や発熱を招くのだ。

最近ではXJAPANのTAPAや玉置浩二も同じ病気で入院や休養をしたと報道されている。

私の症状について

まずじわじわと熱が出た。
当初は恐らく37度ちょっとぐらいだったが、翌日には39度近くまで上がっていたと思う。
30度を超える気温の中でも寒気を感じるくらいの発熱だった。
そしてお腹の痛みも発熱と共に増していった。
この腹痛はお腹が冷えた時に感じる痛みや、生理の時の痛みとは違う種類の痛みだった。
「じわじわ」「ぐーっ…」と真顔ではいられない程痛む感じだ。
押しても痛みはないのだが、押した手を離す時に”響く”感じで思わず「痛っっ…」と言ってしまう程の痛みを感じた。
痛くなったのはへその右側部分だった。
下痢やおう吐等の症状は無かった。

発覚の経緯

エクアドルでは「盲腸かもしれない」と言われていた。
今までに経験したことの無い種類の腹痛だったので、私も「そうか、盲腸か…」という気持ちでいた。
しかし日本に帰って検査をするとCT・レントゲンでは所見無し、血液検査で”体の炎症を表す数値”だけが以上に高かったらしい。
医師の診断は「盲腸ではないが、体のどこかが炎症を起こしている」という曖昧なものだった。
…というのも、病院に行ったのは大晦日の救急外来。
消化器内科の専門医がおらず、詳細な判断はできなかったのだと思う。

緊急入院

そしてそのまま緊急入院することになった。
病名が特定できないため、引き続き検査をし、経過を見ながら治療をしていくとのことだった。
すぐに抗生物質の点滴が始まった。
憩室炎の治療は本来ならば絶食で行うことが多いようだが、私の場合この時点で憩室炎という診断が出ていなかった。
その為、好きな物を好きなだけもりもり食べていた。笑
入院2日目(元旦…笑)からは点滴のおかげか、腹痛も発熱もだいぶ楽になっていた。
入院から数日後に消化器内科の医師から
憩室炎で、腸に穴が開いていたと思われます。若いので直りも早かったようですが…」
と、話があった。
8日間の入院で腹痛も発熱も全く無くなり、何事も無かったかのように元気になった。
(卵巣嚢腫が発覚してしまったのだが…)

原因

正確な原因は不明だ。
(入院当初は憩室炎だということすらわからなかったので)
しかし、10日間程の旅行で生活リズムが崩れ、お通じがあまり無かったことは確かだ。
普段は便秘になることはあまり無いが、この時は3日くらいお通じが無いこともあった。
おそらく、この便秘で憩室に細菌が溜まってしまったのではないかと思う。

経過

退院後、1か月程は刺激物(辛い物やアルコール)の摂取は控えるようにと言われた。
その後特に腹痛等は起こらず、憩室炎に関してはほとんど心配をしていない。
元々そこまで便秘ではなかったが、腸内環境を整えたいと思いビオフェルミンを服用するようになった。
「中年以降の人が憩室炎を発症すると、まれにその部分から大腸癌が見つかることがある。若い場合はほぼその可能性は無いが、機会があれば検査しておいたほうがいい。」
と医師から言われたので、6月に大腸の内視鏡検査を受ける予定だ。
検査結果についても後日報告するつもりだ。

(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする