日本のベニス・新湊内川が思いがけず素敵だった話

アドセンス

今回の富山旅行では割と時間に余裕があった。
なので当初は行く予定が無かったところにも寄り道することができた。
寄り道したところの中でも、全くノーマークだったにも関わらず”ここに来てよかった!”と思えるスポットがあったので紹介したい。

それは新湊にある「内川」と呼ばれる川沿いのスポットだ。
ガイドブックには写真1枚だけでこっそりと紹介されているような存在感の薄いところだ…。

なぜ目についたかというと「川の駅 新湊」という名前が目に入ったからだ。
「道の駅」はよく聞くけれど、「川の駅」なんてものがあるのか…と気になったのだ。
(調べてみたら全国に数か所あるらしい)
実際に行ってみると「川の駅」は内川と呼ばれる川沿いにあり、そこには素敵な景色が広がっていた。

日本のベニス・新湊内川

DSC03223

日本のベニスとはよく言ったものだ。
イタリアのベネチアにも昔行ったが、まさに和製ベネチアとはこのことかもしれない。
(関係無いがベニスよりもベネチアの呼び方のほうが馴染みがある…)

どことなく漂うレトロな雰囲気が非常に居心地良い。

DSC03235
”日本のベネチア”として京都の”伊根の舟屋”も有名だが、伊根よりも内川の方がベネチア感が満載だ。

数百メートルとこのようなレトロな雰囲気の道が続く。
終着点は川と海の交差点。
目の前に水平線が広がった。

DSC03242

ゴールデンウィークながら観光客はほとんどおらず、ゆっくりと川沿いを散歩することができた。
また、内川には個性豊かな橋がかかっており、その橋巡りもおすすめだそう。
DSC03226
(ステンドグラスが美しい神楽橋)

DSC03253

DSC03281
お約束の猫。
こういった雰囲気の場所には大体猫がいる。
(実は私は無類の猫好き)

新湊きっときと市場の白えびソフトクリーム

ちなみに近くには有名な新湊きっときと市場がある。
「富山駅のとやマルシェ」「氷見の番屋街」に並ぶ富山のお土産スポットだ。
上記の土産物屋の中では、新湊きっときと市場が生の魚介類の取り扱いが一番多かったように思う。
観光客だらけというよりは、魚介類を買いに来た地元の人達で賑わっているようだ。

旅行の中日だったため、魚介類は買えなかったのだが面白い物を見つけた。
DSC03208
白えびソフトクリーム(白えびの粉末が練りこまれている)だ。
クレイジーな名前だが、味は甘じょっぱくてとても美味しかった。
ソフトクリーム自体も濃厚で食べごたえがあった。
白えびソフトクリームはささら屋(せんべい屋)の物が有名だと聞いていた。
ささら屋の物も翌日食べたが、きっときと市場の方が白えびの風味が強く断然美味しかった。

終わりに

いまいち存在感の薄い新湊内川だが、思わぬところで素敵な景色に出会うことができた。
富山の観光地としては”世界一美しいスタバ”に選ばれた環水公園のスターバックス等が有名だが、個人的には新湊内川の方が100倍美しいと感じた。笑
富山旅行の際にはまた訪れたいスポットである
(白えびソフトクリームもね)

(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする