卵巣嚢腫手術後の生理

アドセンス

卵巣嚢腫の開腹手術をしてから今日までに2回生理が来た。
1度目は手術をした翌日3月16日に、2度目は4月16日だ。

これまで生理不順とはほぼ無縁な人生を送ってきていたが、さすがに手術前後には周期が崩れるだろうと思っていた。
しかし”腹を切り、14cmもの物体が突然卵巣から消える”という人生初の変化が起こったにも関わらず、手術翌日に予定通り生理が来た時には、自らの子宮の図太さに関心した。

手術前の生理の症状を振り返ると…
動けない程痛くなるのは年に1~2日程度、それ以外は鎮痛剤を飲めば普段通り過ごせていた。
PMSによるイライラがかなり激しく、普段怒らないようなことでも気に障り、2か月に1回は激怒をしていた。(ちなみに怒りの対象は99%夫…)
生理中は必ず便秘になっていた。

生理はそこまで重くない方だと思っていた。
しかし卵巣嚢腫を取ったことで憂鬱な生理の症状が少し改善するかなと期待していた。

術後すぐの生理は、体の状態がイレギュラーすぎてどれが生理の症状か全くわからないので除外するが、術後の以前の生理と比べてみると…
痛みの強さに関しては術前のほぼ変わらず、鎮痛剤を飲めば普段通りすごせる程度だった。
PMSによるイライラもほとんど変化(改善)は見られないと感じた。
若干以前よりも湧き上がるイライラ感が無かったようにも思うが、比較しがたい。

一番大きな変化を感じたのは便秘に関してだ。
生理中は必ず便秘になっていたので、生理の時はそういうものなのだと長年思っていた。
しかし今回、記憶に残っている限りでは初めて、生理中なのに快腸だったのだ。
私の嚢腫はかなり大きく、腸や膀胱を圧迫していたらしいので、それが無くなったことによる変化なのだろうか。
便秘になると肌荒れや体重増加はもちろんだが、何よりもテンションが下がるので改善されてかなり嬉しい。

術後の生理はまだ2回しかきていないので、この変化が一時の体調によるものなのか、ずっと続くものなのかまだ判断はつかない。
月に一度しか来ないものなので時間はかかるが、今後も定期的にレポートしていきたと思う。

(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする