卵巣嚢腫の入院中に貰って嬉しかったお見舞いランキング

アドセンス

自分が卵巣嚢腫になるまで、そのような病名は一度も聞いたことが無かった。
しかし、実は女性の10人に1人はかかるとも言われているくらいメジャーな病気だそうだ。

そんな理由もあってか、このブログにとある検索キーワードでお越しいただく方が複数いる。
「卵巣嚢腫 お見舞い」というキーワードだ。
10人に1人が卵巣嚢腫になると言われているのだから、お見舞いに行く人も多いのかもしれない。


お見舞いに来てくれた人は皆
”お見舞いに行ってもいいか・行く場合はいつがいいか”
を事前に確認してくれ、大変助かった。
というのも術後4日目くらいまでは人に会えるような状態では無かったからだ。
傷が痛くて起き上がることもできないし、シャワーも浴びられないし、体中から管が出ていた。


ある程度回復してからは、時間を持て余していたので、家族や友人達がお見舞いに来てくれるのはとても嬉しかった。
”友人が来るから起き上がらなきゃ”などとリハビリにも精が出た。
「来てくれるだけで嬉しい」と伝えても、皆お見舞いの品をわざわざ持ってきてくれる気遣いも嬉しかった。


というわけでこれからお見舞いに行く人に向けて、実際に卵巣嚢腫で開腹手術をした身から、厚かましくも貰って嬉しかったお土産ランキングを公開してみようと思う。
好みや症状の重さ、病院への持ち込みの可否など人によって状況は様々だ。
私は個室だったので特に制限は無かったが、生花は持ち込み禁止の場所があったり、においのするものは他の入院患者に迷惑をかけることもある。
あくまでも参
考程度にご覧いただければと思う。

3位:さっぱり系のスイーツ・フルーツ

ゼリー
病院食が美味しくなかったので食事系のお見舞いは嬉しかった。
しかし入院中は運動量も減るので間食をすることに多少罪悪感があった。
そんな中さっぱりとしたスイーツやフルーツだったら”カロリーもあまり高くないかな…”と思え、罪悪感も少なく食べることができた。笑
添えつけの冷蔵庫が小さく、飲み物を入れるだけでいっぱいだったので、常温で保存できる物が特に助かった。

(一番嬉しかったのはタカノのクリスタルデュオというものだ。プリンとゼリーが2層になっている物で、”さすがタカノ”という感じさせられるフルーツの風味だった。)

2位:高級マスク

IMG_1597
術後のクシャミは激痛を伴うので、酷い花粉症の私にとってマスクは必需品だった。
しかしマスクは消耗品なので、普段は安物のマスクばかり使っている。
そんな中、友人が高級マスクをお見舞いで持ってきてくれた。
”普段自分では買わないけれど、あったら絶対使うもの”で私にはドンピシャで非常に嬉しかった。

1位:つぼみの付いた花

FullSizeRender
お見舞いの定番ではあるが花が一番嬉しかった。
花を飾るだけで病室が一気に華やいだ。

満開の花束よりも、まだつぼみのものがより嬉しかった。
つぼみが日に日に花開いていく様子が励みになるのだ。


友人はミニブーケ+小さな花瓶でプレゼントしてくれ、病室で飾るのにも困らなかったし、退院後も自宅で花瓶を使うことができた。


(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする