退院後の様子(1週目)

アドセンス

2016年3月23日~30日 実家→自宅→実家

退院後の様子のまとめ。

3月23日(退院1日目)

退院したものの、”横になる・起き上がる”や”くしゃみ”の時にけっこう痛むので日常生活を送る上で不安だった。

特に自宅での寝起きは病院のべッドのようにスイッチ1つできるものではなかったので(あたりまえか…)、だいぶ不安に思っていた。
しかし、天井を向いて寝起きするのではなく、横を向いて寝起きすれば傷への負担少ないことを発見。
また、退院後2~3日(=術後10日程)でこれらの痛みはほぼ気にならなくなった。

”退院後1週間は病院と同じ生活をするように”との指示だったのでのんびりすごす。
春の選抜が始まる。
今年は見ようと思えば全試合見られそうだった…暇だ。

3月24日(退院2日目)
叔母がお見舞いに来てくれた。
お花見の時期だから…と、フレンチのお店でお花見弁当を注文して持ってきてくれた。

FullSizeRender

(ローストビーフ弁当、野菜たっぷりで美味)
ありがたくいただいた。
母と叔母が会話をすると双方とも大声でマシンガントークになるので、頃合いを見て下がらせてもらった。
体力的にまだ彼女らについていくことはできなかった。笑

3月26日(退院4日目)
元気だしちょっとずつリハビリをということで、実家→自宅に帰る。
土日を問題無く過ごせたらこのまま自宅で療養するつもりだった。
しかし家に帰った途端、惨状が目の前に広がる。

なぜこんなに家の中がちらかっているのか…夫よ…。

洗濯物が腐るほど溜まっていたので、怒りに任せて洗濯機を回す。
我が家は縦型式の洗濯機なのだが、底の洗濯物を取る際に傷口が洗濯機にあたって痛む。

当初の予定なら今日が退院日か。

3月27日(退院5日目)
昨日の洗濯のせいか、はたまた怒りのせいか、熱が出る。
完全に心が狭くなっていたのもあるが、こんな環境じゃ良くならん…と感じ

”実家に帰らせていただきます”を発動。
とにかく早く治して今までのように動き回りたかった。
結局自宅→実家へ。

3月29日(退院7日目)
実家はやはり快適で、心おきなく療養に専念。
熱も下がり、前日には散歩に出かけた。
この日も自宅の周りを散歩する。
桜の開花宣言が1週間前にあったものの、その後冷え込んでいた為、桜は3分咲き程度。
調子が良く、気が付いたら40分くらい散歩していた。

3月30日(退院8日目)
昨日たくさん歩けたので、今日も少し遠出してみようかということで母と散歩に出かける。

しかし昨日とは違い、10分くらいでお腹が痛くなる。
冷えた時のような痛さだった。
気持ちも悪い。
とりあえずトイレに行きたい…けど周りには民家しかないし、最寄りのトイレまで歩けるような状態でもない。
幸いバス通りだったが、次のバスが来るまであと8分…死ねる。
バス停までなんとか歩くも立っていられずに座り込む。
血の気がどんどん引いていく。
母に腰をさすってもらいながらなんとかバスに乗る。
痛すぎて”はぁはぁ”と声が漏れる。

なんとか家に辿りつき、トイレに駆け込むもお腹を下したわけではなかった。
しかし生理の時期でもないのに出血。

生理時以上に出血がある場合は病院に連絡するようにと言われていた。
幸いそこまで大量では無かったので様子を見る。

耐えがたい痛みは出血のせいだったのだろうか。
ここまで順調に治ってきていたのに…昨日今日で動きすぎたのか…。
不安と痛みを抱えながら残りの1日中ベッドで過ごした。

(ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。)
にほんブログ村 病気ブログ 卵巣腫瘍・卵巣のう腫へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

続きはこちら

退院後の様子(2週目)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする